【3手詰め】詰将棋は頭の回転にいいですよ!

3手詰め詰将棋 詰将棋

こんにちわ、かめ男です。

みなさんは詰将棋が頭の回転に良いということを知っていますか?
詰将棋は「どれがいい手なのか」「この手をすればどうなるのか」などを頭の中でイメージして考えるので、脳にいい刺激があるんですよね。

そこで今回は、スラスラ解けて頭の回転にもいい3手詰め詰将棋を10問紹介します。
ぜひ解いてみて脳を活性化させましょう!

3手詰め詰将棋:第1問

3手詰め詰将棋-第1問

正解はここをクリック

正解は▲3三金、△同桂、▲1三金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲1三金まで)

(詰め上がり図は▲1三金まで)

初手▲3三金と右から攻めてしまうと、△同桂、▲3三金としても、△1ニ玉とされてうまくいきません。

正解の▲3三金と左から攻めるのが好手で、△同桂、▲1三金までの詰みです。

香車の筋を止めないのがコツでした。

 

3手詰め詰将棋:第2問

3手詰め詰将棋-第2問

正解はここをクリック

正解は▲2三飛、△同金、▲3ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3ニ金まで)

(詰め上がり図は▲3ニ金まで)

初手▲2三飛と飛車を豪快に捨てるのが正解です。

以下△合駒には▲3ニ銀成まで、△同金は▲3ニ金でピッタリ詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第3問

3手詰め詰将棋-第3問

正解はここをクリック

正解は▲4ニ金、△同玉、▲5ニ馬まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲5ニ馬まで)

(詰め上がり図は▲5ニ馬まで)

▲4四馬や▲2四馬など開き王手をする手には△3三合駒とされて受けられてしまいます。

正解の▲4ニ金とするのが好手で、△同玉、▲5ニ馬として玉の逃げ場がなく詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第4問

3手詰め詰将棋-第4問

正解はここをクリック

正解は▲4三飛成、△同馬、▲4一馬まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲4一馬まで)

(詰め上がり図は▲4一馬まで)

初手▲4三飛成が邪魔な飛車を移動させながら、2三歩を守っている好手です。

以下△同馬とするしかないですが、▲4一馬が2三歩まで利いていて詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第5問

3手詰め詰将棋-第5問

正解はここをクリック

正解は▲1四金、△同玉、▲2三歩成まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2三歩成まで)

(詰め上がり図は▲2三歩成まで)

初手▲2三歩成で決まっているように思いますが、△同歩、▲1四金としても、△2ニ玉と逃げられてしまいます。

正解の▲1四金が玉を移動させる好手で、△同玉、▲2三歩成までの詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第6問

3手詰め詰将棋-第6問

正解はここをクリック

正解は▲3一馬、△同玉、▲4ニ龍まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲4ニ龍まで)

(詰め上がり図は▲4ニ龍まで)

初手▲3ニ馬で△同玉なら、▲4ニ龍までの詰みですが、▲3ニ馬には△1三玉とされてうまくいきません。

ここでは▲3一馬とするのが好手で、△1ニ玉と逃げても▲4ニ龍までの合駒利かずの詰み、△同玉は▲4ニ龍までのピッタリの詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第7問

3手詰め詰将棋-第7問

正解はここをクリック

正解は▲1三角、△同桂、▲3三銀まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3三銀まで)

(詰め上がり図は▲3三銀まで)

初手▲3三角は、△同桂、▲3三銀としても、▲1三玉と逃げられてうまくいきません。

問題図では▲1三角と右側から攻めるのが好手で、△同桂、▲3三銀までの詰みです。

邪魔な桂馬を右側に跳ねさせて、逃げ道を封鎖させるのが急所でした。

 

3手詰め詰将棋:第8問

3手詰め詰将棋-第8問

正解はここをクリック

正解は▲3三角成、△同玉、▲2ニ角まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ角まで)

(詰め上がり図は▲2ニ角まで)

初手▲2五角などの開王手には、△2五歩などとされてうまくいきません。

正解の▲3三角成が玉を移動させる好手で、△同玉に▲2ニ角が4四まで利いていて詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第9問

3手詰め詰将棋-第9問

正解はここをクリック

正解は▲1三角、△同桂、▲2ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

初手▲2ニ金には△4ニ玉と逃げられて捕まりません。

正解の▲1三角が桂馬を移動させるいい手で、△同桂、▲2ニ金として詰みです。

龍の横利きを止めないのがコツでした。

 

3手詰め詰将棋:第10問

3手詰め詰将棋-第10問

正解はここをクリック

正解は▲1ニ金、△同銀、▲2四龍まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2四龍まで)

(詰め上がり図は▲2四龍まで)

▲2四金から決まっているように思いますが、△同銀、▲同龍には△2ニ玉とされてギリギリ詰みません。

正解の▲1ニ金が銀を移動させる好手で、△同銀、▲2四龍で玉の逃げ場がなく詰みです。