【3手詰め】詰将棋は難しい?手筋を覚えれば簡単です!

3手詰め詰将棋 詰将棋
スポンサーリンク

将棋を始めた人にとって詰将棋はなかなか難しくて解けないと思います。
私も最初の頃は全然解けなくて苦労しましたが、今は3手詰めの詰将棋ぐらいなら見た瞬間ぐらいに成長しました。

なぜ詰将棋が苦手だった私がスラスラ解けるようになったというと、それは詰将棋の手筋を覚えたからです。
将棋には序盤、中盤でいろんな手筋がありますが、詰将棋にもある程度の手筋があります。

そこで今回は、大駒を捨てて相手の玉を詰ます手筋を数多く紹介します。
よく使う手筋なので、これを覚えたら終盤力がかなりアップしますよ!

手詰め詰将棋:第1問

3手詰め詰将棋第1問

正解はここをクリック

正解は▲2ニ馬、△同角、▲2三桂まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2三桂まで)

(詰め上がり図は▲2三桂まで)

初手▲2ニ銀成は△同角とされて次の手がないです。

馬がいなければ、▲2三桂からの1手詰めなので、問題図では▲2ニ馬と馬を捨てる手が正解です。

以下△同角、▲2三桂で詰みですね。

 

3手詰め詰将棋:第2問

3手詰め詰将棋:第2問

正解はここをクリック

正解は▲3一角成、△3三玉、▲4三金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲4三金まで)

(詰め上がり図は▲4三金まで)

いきなり▲2三金とする手は△1一玉とされて続きません。

▲3一銀も△2三玉と逃げられてしまいますね。

問題図では▲3一角成が好手で、△3三玉には▲4三金、それ以外に逃げても▲2ニ金で詰みます。

 

3手詰め詰将棋:第3問

3手詰め詰将棋第3問

正解はここをクリック

正解は▲1ニ馬、△同玉、▲2ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

初手▲2ニ龍がいい手に思えますが、△3四玉と逃げられてしまいます。

同様に▲2ニ馬も、△2四玉とされてダメですね。

問題図では▲1ニ馬と馬を捨てる手が好手です。以下△2四玉には▲3四龍で詰み、△同玉も▲2ニ金があります。

 

3手詰め詰将棋:第4問

3手詰め詰将棋-第4問

正解はここをクリック

正解は▲2五飛、△3四玉、▲3五金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3五金まで)

(詰め上がり図は▲3五金まで)

初手▲2五金で決まったように見えますが、△1三玉から逃げられてしまいます。

問題図では▲2五飛と飛車で王手するのが正解です。

以下△1三玉と逃げれば、▲2三龍、△3四玉には▲3五金までの詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第5問

3手詰め詰将棋-第5問

正解はここをクリック

正解は▲3四桂、△2ニ玉、▲3一角まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3一角まで)

(詰め上がり図は▲3一角まで)

問題図では▲3四桂と桂馬をぴょんと跳ねるのが好手です。

△同金は▲2ニ角、△2ニ玉と逃げる手には▲3一角で詰んでいます。

角が1三歩に利いていて逃げ場がなく詰みですね。

 

3手詰め詰将棋:第6問

3手詰め詰将棋-第6問

正解はここをクリック

正解は▲4ニ香、△同銀、▲5ニ銀まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲5ニ銀まで)

(詰め上がり図は▲5ニ銀まで)

初手▲4九香と調子に乗って刺すと、△4ニ歩と合駒をされて続きません。

問題図では▲4ニ香とゼロ距離で香車を打つのが正解です。

以下△同銀に▲5ニ銀で詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第7問

3手詰め詰将棋-第7問

正解はここをクリック

正解は▲2三飛、△同玉、▲3ニ馬まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3ニ馬まで)

(詰め上がり図は▲3ニ馬まで)

初手▲3ニ馬と単純に王手してしまうと、△1一玉と逃げられて続きません。

問題図では▲2三飛と飛車を捨てるのが好手です。

△1一玉には▲2一飛成、△同玉は▲3ニ馬でピッタリ詰みます。

 

3手詰め詰将棋:第8問

3手詰め詰将棋-第8問

正解はここをクリック

正解は▲3一金、△2ニ玉、▲4ニ龍まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲4ニ龍まで)

(詰め上がり図は▲4ニ龍まで)

問題図で▲3一金、△2ニ玉までは、ほとんどの人が分かったと思います。

しかし以下▲2一金と追ってしまうと、△1ニ玉で角の利きによってギリギリ詰みません。

▲3一金、△2ニ玉には▲4ニ龍とするのが正解で、合駒利かずで詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第9問

3手詰め詰将棋-第9問

正解はここをクリック

正解は▲3四馬、△同飛、▲2ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

問題図では▲3四馬とするのが好手で、△2三合駒は▲2ニ金が馬の利きで、△同金と取れなくて詰みです。

▲3四馬に△同飛も▲2ニ金までの簡単な詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第10問

3手詰め詰将棋-第10問

正解はここをクリック

正解は▲1四金、△同香、▲1三銀まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲1三銀まで)

(詰め上がり図は▲1三銀まで)

問題図では▲1四金と金を捨てる手があります。

以下△同玉には▲1五銀、△同香は▲1三銀で詰みです。

初手▲1四銀は△同香とされて、持ち駒斜めに利く駒がなくて詰みません。