【3手詰め】簡単な詰将棋10問

簡単な3手詰め詰将棋 詰将棋
スポンサーリンク

こんにちわ、かめ男です、

突然ですが、みなさんは詰将棋は好きですか?
難しい詰将棋ばっかりやっていても、なかなか解けないとつまらないと思います。

どうせやるなら楽しく、上達したいですよね。
そこで今回は、比較的簡単な3手詰めの詰将棋を10問紹介します。

ぜひ解いてみてください。

3手詰め詰将棋:第1問

3手詰め詰将棋-第1問

正解はここをクリック

正解は▲2ニ角、△同銀、▲3ニ銀まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3ニ銀まで)

(詰め上がり図は▲3ニ銀まで)

問題図では▲2ニ角、△同銀と逃げ道を封鎖してから▲3ニ銀で決まります。

初手▲3ニ銀は△2ニ玉と逃げられてしまいます。

 

3手詰め詰将棋:第2問

3手詰め詰将棋-第2問

正解はここをクリック

正解は▲2一飛、△同玉、▲2ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

初手▲5一飛は△4一合駒とすれば▲2ニ金までの詰みですが、▲5一飛には△4一金引とされて続きません。

問題図では▲2一飛とするのが好手で、△3ニ玉と逃げれば▲2ニ角成、△同玉には▲2ニ金までの詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第3問

3手詰め詰将棋-第3問

正解はここをクリック

正解は▲3三飛成、△同桂、▲3五金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3五金まで)

(詰め上がり図は▲3五金まで)

問題図は3五の飛車がいなければ▲3五金までの1手詰みなので、この飛車をどかす手を考えます。

▲3四飛は△同銀とられて、この銀が3五の地点を守っていて詰みません。初手▲3三飛成とする手が好手で、△同桂に▲3五金までの詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第4問

3手詰め詰将棋-第4問

正解はここをクリック

正解は▲3ニ金、△同玉、▲3一飛成まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3一飛成まで)

(詰め上がり図は▲3一飛成まで)

初手▲3一飛成は△1一玉で、銀が2ニの地点を守っていてギリギリ詰みません。

問題図では▲3ニ金と玉を呼び込む手好手で、逃げれば▲2一飛成、△同玉には▲3一飛成で詰みます。

 

3手詰め詰将棋:第5問

3手詰め詰将棋-第5問

正解はここをクリック

正解は▲3ニ桂不成、△同飛、▲2ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

(詰め上がり図は▲2ニ金まで)

問題図では▲3ニ桂不成と飛車角が利いている場所に打つのが好手です。

△同角には▲3一金、△同飛は▲2ニ金でピッタリ詰みます。

 

3手詰め詰将棋:第6問

3手詰め詰将棋-第6問

正解はここをクリック

正解は▲3三香、△同角、▲3ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3ニ金まで)

(詰め上がり図は▲3ニ金まで)

この問題も▲3三香と飛車角が両方に利いている場所に打つのがいい手です。

△同飛は▲2ニ金、△同角には▲3ニ金で詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第7問

3手詰め詰将棋-第7問

正解はここをクリック

正解は▲1三銀、△同桂、▲1一飛成まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲1一飛成まで)

(詰め上がり図は▲1一飛成まで)

初手▲1一銀や▲3一銀は、△1ニ玉とされて続きません。

問題図では▲1三銀という驚くような手があり、△同桂に▲1一飛成で詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第8問

3手詰め詰将棋-第8問

正解はここをクリック

正解は▲2ニ飛、△同銀、▲3四角成まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3四角成まで)

(詰め上がり図は▲3四角成まで)

初手▲3ニ飛成は△2四玉で、銀が2五の地点を守っていて詰みません。

ここでは▲2ニ飛と飛車を捨てる手が正解で、△同玉は▲2一飛成で詰み、△同銀も▲3四角成が1ニの地点まで利いていて詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第9問

3手詰め詰将棋-第9問

正解はここをクリック

正解は▲2四角成、△同玉、▲3四飛成まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲3四飛成まで)

(詰め上がり図は▲3四飛成まで)

▲3四飛成は△2ニ玉で次の手がありません。

問題図では▲2四角成と2四の歩を守りながら王手するのが好手で、△同玉、▲3四飛成で詰みです。

 

3手詰め詰将棋:第10問

3手詰め詰将棋-第10問

正解はここをクリック

正解は▲2ニ桂成、△同角、▲4ニ金まで(詰め上がり図)

(詰め上がり図は▲4ニ金まで)

(詰め上がり図は▲4ニ金まで)

▲2ニ金という手は、△同角なら▲4ニ桂成までの詰みですが、▲2ニ金には△4一玉から逃げられてしまいます。

問題図では▲2ニ桂成と桂馬を捨てるのが好手で、△4一玉と逃げれば▲5一金で詰み、△同玉は▲2三金、△同角には▲4ニ金で詰みです。