【経験済み】格安でSDカードを買うのはオススメしません!質が悪すぎる!

格安のSDカード Digital
スポンサーリンク

こんにちわ、かめ男です。
この記事では格安のSDカードにはいろいろ問題があるということを紹介します。

SDカードはネット通販や業務用スーパーなどで、格安で売られていますよね。
みなさんはそのような格安のSDカードのことをどう思いますか?

「安く手に入るならお得!」「ちゃんと使えて安いならいいじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

格安でSDカードを買えるのにはちゃんと裏があるんですよね。

今回はそのことについて詳しく解説していきます。

格安SDカードは質がとにかく低い

私はいままでに20個ほど格安のSDカードを購入してきましたが、ほとんど全て、質が悪かったです。質が悪い=すぐに壊れるということです。

具体的にはこんな感じですね。

  1. 購入してから半年ほどで動作が不安定になる。
  2. SDカードをスマホに挿入してもなかなか認識しない。
  3. 日を追うごとに中に保存してあったデーターが消えていく。
  4. SDカードをスマホに挿入すると「このSDカードは破損しています」というメッセージが出る。
  5. 最後は全てのデーターが消える。

購入してから半年ぐらいでSDカードののデータを読み込む速度が遅くなったり、中に保存してあった動画を再生していると急に止まったりしました。

まぁ、これぐらいなら安く買ったわけだし我慢していましたが、SDカードをスマホに挿入しても10回に1回の確率でしか認識しなくなっていて、これには少し「んん?w」ってなりましたね。

そして次は、2~3日に1回の割合で中に保存してあったデータが少しづつ消えるという現象が起きました。これは少し効きましたね。

それから数日後、スマホにSDカードを挿入したら「このSDカードは破損してるぜよ」というメッセージが出てきました。

これにはかなり焦って、なんとか中のデータを確認することができましたが、7~8割方はお亡くなりになっていました。

それから1ヶ月後、SDカードの中のデータが全て無事お釈迦になりました。

これを見たら分かる通り、格安のSDカードの質は本当にヒドいです。
まだ5年前にスマホを買った時に付いてきた2GBのSDカードの方が使えますね。いまだに現役ですから。

格安のSDカードは一時的に使う向けです

さっきは格安SDカードは質が悪くて壊れやすいと話したので、「えーそうなんだー!じゃあいらない!」と思う人もいるかもしれませんが、短期間での使用限定なら、格安SDカードを使うのはアリだと思います。

家にパソコンなどがなくてスマホしかない時に、中に保存してあるデータを他の端末に移動させたいということはないですか?
画像とかならメールで送れるかもしれませんが、容量の大きな動画とかでは大変ですよね。

こんな時は格安SDカードが使ってデータを移動させるのが便利です。どうせ数百円で買えるので、使い捨てと思って買うのもいいかもしれません。

まとめ

今回は格安SDカードの質は低いから気をつけて!という話をしました。

たまたま私が購入したSDカードの質が低かっただけで、全ての格安SDカードが悪いとは言いません。今は国産のSDカードでも安く売っていますしね。

もし安いSDカードを買うなら、長期間使用するのではなく、短期間の利用などに購入するといいですよ。