Blender=難しい?Blender歴半年の私が実体験を解説 

Blender=難しい?Blender歴半年の私が実体験を解説 Digital
スポンサーリンク
さる男
スザンヌ二世

CGに興味があってネットで色々探していたら、Blenderに興味が出てきた。でも「Blender=難しい」「使いこなすには大変」という意見がたくさんある。実際はどうなんだろう?

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている私は、Blenderを初めて半年ほど。昔は「CG=映画のアレかな…?」という感じから、以下のような画像を1時間程度で作れるようになりました。

Blenderで作った猿の画像

そんな背景から意見を言っていきます。

本記事のもくじ

  • 「Blender=難しい」は正しいのか?
  • Blenderを効率よく勉強する手順
  • まとめ

それでは見ていきましょう。(゚∀゚)アヒャ

「Blender=難しい」は正しいのか?

「Blender=難しい」は正しいのか?

まず結論からいうと、Blenderはそれほど難しくないです。

正しく勉強していけば、すぐに出来るようになるので、ネットで言われているほど難しくないという感じ。

Blenderは操作方法が独特ってホント?

よくネットで言われているのが、「Blenderは操作方法が独特なので、慣れるまである程度時間がかかる」という感じのこと。

これに関しても私は、それほど使いにくいとは思いませんでした。逆にかなり使いやすくて、「これで無料とかヤバすぎぃ!!」と思ったほどです。

Blenderにはバージョンが大きく分けて2種類あり、「2.7」と「2.8」です。

2.7は少しだけ操作が難しかったのですが、過去のバージョンなので問題なし。現在のバージョンである2.8は圧倒的に使いやすいので、OKですね。

他のソフトと比べてBlenderは難しいの?

私は何種類かのCGソフトをやってきましたが、Blenderが目立って難しいとは思いませんでした。逆に「なんでBlenderは無料なのに、こんなに簡単に何でもできるの?」と思ったぐらいです。

世の中にはいろんなCG制作ソフトがありますが、ほとんどが有料です。月に何千円か払ったり、何十万かで購入するなど。

Blenderと他のソフトを比べている人は、「できるなら簡単で早くCGができるソフトが欲しい」と思っているはず。

それなら大丈夫です。Blenderは簡単で少し勉強すれば、誰でもできるようになります。

逆にプロでもないのに有料のCGソフトを使っている人は、「なんで難しさも出来ることも変わらないのに、わざわざお金を払って有料のソフトを買っているの?」と思いますね。

CGは単純作業です

これはBlenderに限らず言えることですが、CG制作は単純作業ということ。

一度やり方さえ覚えていまえば、あとは地味でコツコツとした作業だけです。逆に考えれば、誰でもできるということ。

昔の私は「CG=映画」というイメージだったので、「すごく難しそう!きっと頭の良い人がパソコンですごいことをしているんだろうなぁ~」という感じでした。

↑Blenderを初めて半年後の私から言えば、「いやいやいや笑、夢見すぎ!もっと地味で単純作業の繰り返しだよ!」とツッコみたくなりますね。

ようするに、世間で思っているほどCG制作は難しくないし、いざやってみると、意外と出来るという感じです。

Blenderを効率よく勉強する手順

Blenderを効率よく勉強する手順

Blenderをスムーズに出来るようになるには、効率よく勉強する必要があります。

ちなみにCG制作には大きく分けて以下の5工程があり、Blenderでは全てをすることができます。

  1. モデリング
  2. アニメーション
  3. ライティング
  4. 映像編集
  5. レタリング

上記5つを全て勉強すれば、Blenderがスイスイできるようになります。つまり、CG制作を全てできるということ。上記5つに関しては、Blenderの本を読めばやり方は全て書いています。

モデリング系の勉強方法

このあたりは長くなるので、Blenderのモデリングのコツとは何か?思った通りに作る方法!にまとめておきました。

Blenderのモデリングのコツとは何か?思った通りに作る方法!
スザンヌ 最近Blenderを初めたんだけど、モデリングが難しすぎて泣けてくる。アタマの中で何を作りたいかは分かっているけど、それをどうすればいいか分からない。Blenderのモデリングのコツってないのかなぁ… ...

アニメーション系の勉強方法

Blenderでアニメーションを覚えるには、本がおすすめです。実際に私も本でBlenderの基本を勉強したし、専門家が書いているのでかなり詳しく学べますからね。

おすすめの本については、【2.8対応】Blenderの本でおすすめは3つだけ!【難易度ごとに紹介】をどうぞ。

【2.8対応】Blenderの本でおすすめは3つだけ!【難易度ごとに紹介】 
スザンヌ Blenderを始めようと思うんだけど、おすすめの本って何かな?できるなら、初心者でも簡単に理解できて、どんどん徐達できる本を知りたいね。 このような疑問に答えていきます。 現在の私は...

映像編集系の勉強方法

Blenderの映像関係は、日本の本やネットでもあまり詳しく書かれていないのが現状です。もし書いていたとしても情報が古かったり、初心者が書いていたりなどで信憑性に問題があったりなど…。

ゆいつ詳しく書かれていたのが、英語の本を日本語に翻訳したBlenderの本です。これは先日私が、Blenderの情報を漁っていた時に偶然見つけたものですね。

この本に関しては先ほど紹介した、【2.8対応】Blenderの本でおすすめは3つだけ!【難易度ごとに紹介】の後半で紹介しています。

まとめ

まとめ

それでは本記事の内容をまとめますね。

  • Blenderはそれほど難しくない。昔のBlenderは少し難しかったけど、今のBlenderは昇天するほど簡単。
  • 他のソフトと比べてもBlenderは難しくない。そもそもCG制作自体が地味で単純作業なので、勉強すれば誰でもできる件について。
  • Blenderは本で勉強すれば誰でもできるようになるので、安心するべし。

こんな感じですね。おしまい。