【糞】Shinobiライティングとかいうゴミ記事を量産するサイト

【糞】Shinobiライティングとかいうゴミ記事を量産するサイト Digital
スポンサーリンク

みなさんは「Shinobiライティング」というサイトを知っていますか?

このサイトはwebサイトの記事を執筆・依頼するという、いわゆるwebサイト記事の仲居をしているサイトですね。

ネット上で記事の作成サイトといえば「クラウドワークス」や「ランサーズ」が有名ですが、Shinobiライティングはあまり知られていないですよね。

Shinobiライティングが有名でない理由は、だからです。

何が糞かって?「記事の質」「料金」「サイトの仕組み」、全てにおいてです。

今回はそんな糞サイト「Shinobiライティング」について話していこうと思います。

Shinobiライティングとかいうゴミ記事を量産するサイト

Shinobiライティングとかいうゴミ記事を量産するサイト

Shinobiライティングが糞な理由は以下の3つがあります。

  1. 記事の文字単価が糞すぎる
  2. 記事の質が糞すぎる
  3. サイトの仕組みが糞すぎる

それでは1~3の順番に解説していきますね。

記事の文字単価が糞すぎる

Shinobiライティングでは1ポイント0.5円と決まっています。

つまり1000文字で1000ポイントなら、500円という計算ですね。

しかしShinobiライティングでは上記のようなポイントの案件などはありません。良くて1000文字で350ポイント、ヒドイ時は1000文字で250ポイントがあります。

⬆1ポイントは0.5円ですよ。つまり250円なら125円にしかならないという計算です。

1000文字書いて125円って、、、まだ北朝鮮で奴隷として働いたほうが稼げると思いますよ。ちょっと鬼畜過ぎませんか笑?

1000ポイント単位で現金に交換できますが、それまで稼ぐのにかなりの労力が必要です。しかもネット銀行以外の場合は手数料として300ポイントがかかります。鬼かよ笑。

記事の質が糞すぎる

Shinobiライティングで記事の執筆に必要なのは以下の感じです。

  • キーワードを使う
  • 文字稼ぎをしない
  • カタカナを多くしない
  • 同じ言葉を使わない

つまりこれさえ守ってある程度文章が読めれば、どんな低レベルの記事でもOKということです笑。

私が試しに上記の項目を守りながら、小学生の作文みたいな記事を書いてみました。すると納品して1分後に合格の通知が来ましたね笑。

記事を依頼した人にはかわいそうな事をしましたが、ShinobiライティングがこれでOKと言っているので、多分いいんです。

これでShinobiライティングのポームページには、「SEOに特化した記事!」「最短3日後には納品できます!」なんて書いています笑。

いや~恐るべしShinobiライティング。

サイトの仕組みが糞すぎる

そもそもShinobiライティングでは、高単価の案件以外はコンピューターで記事の確認をしています。

そのおかげで恐るべしスピードで記事の合否が分かりますが、でもこれって逆にダメでしょ。

実際に道ばたの糞みたいな記事が合格になってるし、ある一定の基準に達していたらOKみたいです。

文章にキーワードが含まれていたら、ある程度の文章が変でもOK。内容が全くなくても基準に達していたらOKという感じです笑。

しかもコンピューターが決めているせいで基準は変に厳しくなってるし、そのせいでみたいな記事が出来上がっているのかもしれませんね。

まとめ

まとめ

それでは本記事のまとめです。

  • 【Shinobiライティングの実態】
  • 1ポイント0.5円という鬼の激安価格(ほとんどの案件が1000文字で250ポイント)
  • 記事は道ばたの糞レベル(SEO以前の問題)
  • コンピューターが記事を確認してるから、どんな糞記事でも基準に達していたらOK!

 

さる男
さる男

Shinobiライティング恐ろしいね笑。久しぶりに鳥肌が立ったわ。

かめ男
かめ男

Shinobiライティングをするなら、まだ部屋のすみで角質を取ってたほうが有意義だよ。