私が祭りを嫌いすぎる5つの理由【全世界の陰キャが泣いて共感】

私が祭りを嫌いすぎる5つの理由【全世界の陰キャが泣いて共感】 LIFE
スポンサーリンク

毎年夏になると、どこの地域でも祭りが行われますよね。

外から賑やかな音楽が聞こえてきたり、外を浴衣で歩いている人がいたり、夜になると花火の音が聞こえたり…

でも正直言って、あれウザくないですか?笑

私は祭りに全く興味ないし、いやむしろ嫌いだほうだし、祭りの季節が近ついてくると憂鬱な気持ちになるぐらいです。

そこでこの記事では、「祭りを嫌いな人が思う5つのこと」について解説していきます。

全世界の祭り嫌いな人が泣いて共感できる内容となっているので、気軽にどうぞ。

私が祭りを嫌いすぎる5つの理由

私が祭りを心の底から嫌いだと思う理由は、以下の5つがあります。

  1. 出店で売っている商品の価格が高すぎる
  2. 調子に乗り出す人がいる
  3. 人混みが苦手
  4. みんなで盛り上がる雰囲気が無理
  5. そもそも祭りがつまらない件

それでは順番に解説していきますね。

出店で売っている商品の価格が高すぎる

祭りが嫌いな理由の一つとして、出店で売られている商品の価格が高すぎるというのがあります。

例として「焼きそば」を見てみましょう。

スーパーで焼きそばを買うと3食入りを100円程度で買うことが出来ますが、出店の場合は一食(少量)を400~500円ぐらい平気で取っています。

「祭りの雰囲気を楽しむためにそのぐらいは我慢する」という人もいますが、そこまでして焼きそばを食べる価値がありますかね?

ハッキリ言ってぼったくりですよ笑。

調子に乗り出す人がいる

祭りに行くとかならず調子に乗った人がいますよね。

普段から体育会系で「イェェェイ!」と言ってる人が祭りに行くと、まるで水を得た魚の如く調子に乗りに乗りまくります。

そして挙句の果てには、大声を出したり、知らない人に絡みに行ったりするのがオチです。

本当にそういう人は嫌いですね。まだチンパンジーのパンくんの方がお行儀がいいと思います。

人混みが苦手

私が祭りを嫌いな理由の一つに、「人混みが苦手」というのがあります。

知らない人にチラチラ見られるのも不快だし、くだらない話し声や、騒いでいるのを聞くのも嫌ですね。

そして祭りになるとたくさんの人が来るので、不快度はMAXになります。

人が多すぎてまともに歩けないし、イキっているヤンキーとかが馬鹿騒ぎしたりなど…

あ~、考えただけで鳥肌が立ってきますね笑。

みんなで盛り上がる雰囲気が無理

祭り独特の「みんなで盛り上がるぞ~!」という雰囲気が尋常じゃないぐらい嫌いです。

しかも祭りの内容が、みんなで踊ってみたり、オワコンの芸人が来てコントをしたり、毎年同じような花火を見たりなど…

あれ冷静になって考えてみたら、クソつまらない事ばかりでしょ笑。

まだ冷房の効いた部屋で漫画を読んでいる方が100倍は有意義ですよ。

そもそも祭りがつまらない

「祭りが単純につまらない」⬅これが結論ですね。

昔はなにも楽しいことがなかったので、祭りは楽しかったと思いますが、今の時代に祭りに行くのはなにもメリットがないです。

物がほしければAmazonで注文すればいいし、何かを見たければネットで簡単に見ることができます。

むしろ祭りに行くことは消耗するだけだと思いますね。

まとめ

それでは、本記事の内容をまとめますね。

  • 祭りの出店はぼったくりなので買う価値なし。
  • 祭りはイキったヤンキーが水を得た魚のごとく調子に乗る場所。
  • 陰キャには人混み、祭り独特の雰囲気が無理。

これからは祭りに行く人は絶対に減ってくると思うし、いやむしろ一刻も早く祭りなんか無くなればいいと思います笑。

おしまい。