働く意味とは?なぜ人は働く必要があるのか?【本質を語る】

働く意味とは?なぜ人は働く必要があるのか?【本質を語る】work
スポンサーリンク
さる男
さる男

毎日朝になったら会社に行って、晩までクタクタになるまで働いている。たまにの休日でも、疲れて昼過ぎまで寝ているし、趣味をする時間もあまりない…。こんな生活を続けていると、働く意味が分からなくなってくるよ…。

このような疑問に答えていきます。

現在の私は、自宅でブログを書きながら悠々自適な暮らしをしています。少し前までは、普通に会社員として働いていましたが、働くことの意味が分からなくなり退職しました。今は以前と比べて圧倒的に楽しいです。

そんな背景から意見を言っていきます。

この記事を読むことで、「働くことの意味」&「これからどうすればいいのか」が明確に分かってきます。

2分で読み終わるので、少しお付き合いください。m(_ _)m

働く意味とは?なぜ人は働く必要があるのか?【本質を語る】

働く意味とは?なぜ人は働く必要があるのか?【本質を語る】

まず結論からいうと、以下のとおりです。

生きがいのため

働く理由はいろいろあるけど、結局は「生きがい」だと思います。

働く理由(世の中の考え)

  • 【あなたの働く理由は?】
  • お金を得るため:56.4%
  • 社員の一員として、務めを果たすため:14.5%
  • 自分の才能や能力を発揮するため:7.9%
  • これから生きがいを見つけるため:17.0%
  • 分からない:4.2%%

これは18歳以上の日本人、1万人に聞いた世論調査です。
参考:国民生活に関する世論調査 2019

多くの人がお金のために働いているのが分かります。

おそらく多くの人が、好きで働いていないと思います。生きていくにはお金が必要なので、仕方がなく働いているはずです。

年収と幸福感

「お金がある=生活が豊かになる=幸せになる」と思うかもしれませんが、こんなデータもあります。

年収と幸福感

参考:人々の幸福感と所得について 内閣府

年収が200万から400万に上がった時は、幸福感もグッと同じく上がっています。400万から600万円でも同じことが言えます。

しかし、800万から1000万に年収が上がっても、幸福度があまり変化していません。

1000万から1200万の時は、また少しだけ幸福度が上がりましたが、そこから徐々に幸福度が下がり続けているのが分かると思います。

ここから分かるとおり、人は年収が上がっても幸福度は一定で止まり、そこからさらに稼ぎ続けても、幸福度は逆に下がっていくのです。

年収が上がっても幸福度が下がる理由

なぜ年収が上がっても、幸福度は徐々に下がり続けるのでしょうか?
理由は以下のとおりです。

年収と残業時間のグラフ

参考:「労働時間や働き方のニーズに関する調査」

つまり、年収が上がるにつれて、残業時間も一緒に増えているのです。

「残業が増える=自由な時間が減る」なので、幸福度が下がるのは当たり前な話。

  • お金があっても自由に使えない
  • 家族と一緒に過ごせる時間がない
  • 趣味をする時間がない
  • どんどん疲労が溜まってくる

残業とは関係ないですが、人気の芸能人などはたくさん稼げるので、多くの人が羨ましいと思います。しかし、自由な時間があまりないので、幸福度は低いと思います。

働く=生きがいのため

お金を稼ぐだけに働くのは、幸せになるどころか、幸福感が下がるのが分かりました。

ではどうすれば、答えは1つしかないです。

自分の好きな仕事をする

誰かの役に立てて喜んでくれる、それが生きがい、という意見もありますが、それは幻想です。

それだけのために、過酷な環境で何十年も働き続けることができますか?それが生きがいだとしたら、いつも笑顔でニコニコして働けますか?

まずは自分の欲求を満たすのが先です。「誰かの役に立てる」というのは、自分の欲求を満たした後に考えることですね。

好きな仕事をして自分らしく生きる【手順を解説】

好きな仕事をして自分らしく生きる【手順を解説】

詳しくは以下のとおりです。

  1. 自分の好きな仕事をする
  2. そこから誰かの役に立てることを考える

大前提として、自分の嫌いな仕事をしている場合は、生きがいもクソもないですよ。

  1. 今の仕事が嫌い。働くのがツラい
  2. 誰かの役に立っている。誰かが喜んでくれる。(洗脳)

これはただ、現実逃避しているだけであって、多くの人が当てはまると思います。つまり「お金を稼ぐために働いている」ということ。

手順①:自分の好きな仕事をする

まずは、やってみて楽しいことを仕事にするのが大事です。

仕事を何時間もするのはツラいけど、好きなことは何時間しても平気、という人は多いと思います。つまり、好きなことを仕事にすることで、幸福感も上がるし、変な言い訳も考えないで済みます。

人は人生の半分を会社で過ごしています。それが嫌いな仕事なら、人生の半分を無駄にしているということ。

逆に好きなことを仕事にすれば、人生のほぼ全てを無駄なく楽しめるこということ。幸福感が上がるのも当たり前な話ですね。

おすすめの転職サイト3選

でも自分には無理だよ…という意見

さる男
さる男

好きなことを仕事にできたら、それは一番だよ。でも自分には無理だから、今の仕事で我慢しているんだよね。

こういう人は、単純にスキルや経験が足りないのが原因ではなく、方法を知らないだけです。

決まった手順を踏むことで、お金を稼ぎながら、なりたい仕事の勉強をすることができます。つまり、「自分には無理」というのは完全に言いわけですね。

このあたりは、転職をするタイミングはいつがいいの?【結論は今すぐです】で詳しく解説しています。

手順②:そこから誰かの役に立てることを考える

嫌いな仕事をしていて、誰かの役に立てていると考えるのは、ただの現実逃避です。

好きな仕事をして誰かの役に立てることを考えるのは、何も我慢もしていないし、逆に幸福感が上がるのが分かると思います。

嫌いな仕事をしている時は、潜在意識の中で「この仕事は本当はやりたくない」と思っている状態です。そんな状態でいくら良いことを考えても、うまくいくはずがないんですよね。

たとえ話:工場で働いている人

工場で働いたことのある人は、よくこんな事を言っています。

  • 何も考えないように無心で働いている
  • 途中でアタマが狂いそうになる
  • この先、死ぬまでここで働くと思うと、暗い気持ちになる

これは当たり前で、逆に工場でいつもロボットみたく単純作業をしているのに、生きがいを見つけるほうが難しいはずです。

「毎日、朝から晩まで単純作業する→誰かの役に立てるのなら…→でもこんな仕事は本当はしたくない→でもお金稼げるからいいか→なんで働いているんだろう…→以下ループ」という感じ。

せっかくの1度の人生なのに、自分を我慢して働くのって、もったいないと思いませんか?

次に、転職のときに役に立つ事を紹介するので、参考までに読んでください。

転職を考えている人に読んで欲しい記事 4つ

転職を考えている人に読んで欲しい記事 4つ

  • おすすめの求人サイトってあるの?
  • 転職をするために、勉強や準備は必要なの?
  • 転職サイトの求人って嘘は書かれていない?
  • 仕事が大変すぎて限界かもしれない…

このような人に向けて記事を紹介していきます。

おすすめの求人サイトってあるの?

【安心】おすすめの転職サイト3選【手遅れになる前にやめるべし】
さる男 もう今の仕事をするのが限界だから、転職を考えている。おすすめの転職サイトってどれなのかな?また転職した後もうまくいく方法も知りたい。 このような疑問に答えていきます。 本記事の内容 ...

「おすすめの転職サイト」+「ツラい職場で働き続ける危険性」について解説しています。

転職をするために、勉強や準備は必要なの?

転職をするタイミングはいつがいいの?【結論は今すぐです】
さる男 今の仕事は自分に合わないと思うから、いつか転職しようと思ってる。でもどのタイミングで転職すればいいのかな?準備や勉強などは必要なのかな? このような疑問に答えていきます。 現在の私は、自宅で...

「未経験でも働けるの?」「勉強や準備は必要なの?」という疑問の人にどうぞ。

転職サイトの求人って嘘は書かれていない?

転職サイトの募集内容は9割が嘘!【それでも利用すべき理由】
さる男 転職サイトで仕事を探そうと思っているんだけど、募集内容ってこれ本当に正しいのかな?誰か転職サイトを使って就職したことがる人がいれば、教えて欲しい件について。 このような疑問に答えていきます。 ...

求人に書かれている文章の嘘や本当を、実体験からバッサリ解説しています。

仕事が大変すぎて限界かもしれない…

仕事が大変・ツライと思った時の対処法【自分らしく生きるために】
さる男 今の仕事は大変でツライけど、生活のために働かないといけない。休日は少しだけホッとするけど、明日の仕事のことを考えると、本当に暗い気持ちになる…。死ぬまでこんな生活を続けると考えると、嫌になってくるなぁ…。ど...

「今の仕事がツラい原因」+「具体的な対処法」を解説しています。
周りの意見に振り回されやすい人に読んでほしい記事です。

以上になります、おしまい。