webライターの仕事内容を公開!一連の流れを紹介します。

webライターの仕事内容を公開!一連の流れを紹介します。work
スポンサーリンク
さる男
さる男

webライターってどんな仕事なの?具体的にどんなことをして働いているのか知りたい。誰か教えれクレメンス!

このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • webライターとは?
  • webライターの一連の仕事の流れを紹介
  • webライターになる方法

現在の私はブログを書き書きしながら暮らしていますが、昔はwebライターとして自宅で働いていました。webライター歴は3年ほどです。

そんな経験から、webライターの仕事内容を全て解説していきます。

そもそもwebライターとはなんぞや?

そもそもwebライターとはなんぞや?

結論からいうと、webライターは以下の記事を作る人です。

  • webサイト・ブログなどの記事作成
  • 企業ホームページの記事の作成

例えばGoogleで「セミ 飼い方」と検索したとします。すると、たくさんのセミに関する記事が表示されますよね。webライターはあれらの記事を書くのが仕事です。

また仕事によっては、企業のホームページの文章を書くこともあります。商品紹介の記事だったり、ホームページの説明文などだったりですね。

普通のライターとwebライターの違いとしては、通常のライターは書籍や雑誌で文章を書く。そしてwebライターはネット上の記事に文章を書くという違いですね。

webライターの一連の仕事の流れ

webライターの一連の仕事の流れ

webライターは以下の手順で記事を作成します。

  1. クライアントと記事の内容を決める
  2. ペルソナを考える
  3. 文章構成をつくる
  4. 記事を書いていく
  5. リライトをする
  6. 記事の完成

それでは順番どおり説明していきますね。

クライアントと記事の内容を決める

クライアント=記事の依頼主です。
まず最初は、依頼主とどんな内容の記事にするか相談をします。

具体的には、まず最初に「セミ 飼い方」のようにキーワードを決めてから書き始めるのが一般的です。キーワードを決めないでなんとなく書くと、内容がグチャグチャになってしまいますからね。

具体的なキーワードが決まると次はペルソナを考えます。

ペルソナを考える

「ペルソナ=読者が何を望んでいるか」ですね。
読者がどんな悩みがあって検索しているか考えるということ。

例えば「セミ 飼い方」のキーワードの場合だと、検索する人はセミの飼い方を知りたくて調べているということですね。

ペルソナを考えないで記事を書き始めると、読者が求めている情報と違うことを書いてしまうこともありますからね。とても大事なことです。

文章構成をつくる

文章構成を正しくつくることで、読みやすい文章になります。
記事の最初から自分語りが始まったり、結論が最後に書かれたりしてたら、読むのが面倒くさくなりますよね。

具体的なwebサイトの文章構成については、ブログが書けない←スラスラ書けるようになる方法を紹介!で詳しく解説しています。

記事を書いていく

すべての準備が整ったら、次は記事の作成になります。

ブログ記事の場合は軽めの文章にしたり、場合によっては「である調」にしたりなど、依頼主によって書き方はさまざまです。そのへんは相談しながら決めますね。

リライトをする

リライト=記事の内容の見直しのこと。
記事が完成したら、間違いや見ずらい文章がないか、ザーッとリライトをしていきます。

せっかく記事を書いても読みにくかったり、内容が変だったら意味がないですからね。いい記事を作るためにもリライトは大事な作業ですね。

記事の完成

記事が完成したらクライアントに納品します。
書き直しの場合は修復して、OKが出れば仕事は終わりです。

webライターになる方法

webライターになる方法

上記を見て「なんだかwebライターって大変そうだなぁ…」と思ったかも知れません。

しかし、どんな仕事でも最初はなにも知らないので大変そうと思うだけ。実際にやり続けると簡単に出来るようになります。ようは慣れだと思います。

以下でwebライターのなり方について2パターン紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

会社でwebライターとして働く

webライター向けの求人サイト3選【元ライターの私が解説】
さる男 webライターで働くために仕事を探しているんだけど、どの求人サイトがいいか分からない。具体的な選び方や注意するポイントなども知りたいね。 このような疑問に答えていきます。 本記事の内容 ...

詳しくは上記の記事でまとめています。

ようするに、会社でwebライターとして記事を書いて働くということです。
給料をもらいながらwebライターとしてのスキルアップもできますね。

フリーランスでwebライターとして働く

初心者からwebライターになる具体的な方法【一から手順を教えます】
さる男 webライターという働き方を知ったんだけど、自分にでも出来るのかな?もしなれるのなら具体的な手順と、詳しいやり方を知りたい件 このような疑問に答えていきます。 本記事の内容 w...

詳しくは上記の記事で解説しています。

具体的には、クラウドソージングサイトに登録して、webライターとして働くというやり方です。私が初心者からwebライターになった手順を紹介しています。

webライターは誰でもなれますよ。なろうと思えば!

今回はwebライターの仕事内容について解説していきました。

「webライター=文章を書く仕事」なので、文章を書くのが苦手な人なら無理と思うかも知れません。

私もwebライターになる前は文章が苦手で、3行書くたびに発狂してたし、10行書くたびに失禁してました。しかし、続けることで簡単にできるようになったんですよね。

webライターにおすすめの本を3つ紹介【結論は3冊でOK】で誰でも文書が書けるようになる本を紹介しています。私が実際にスキルアップのために読んできた本です。

webライターは面白い仕事だし、これからも需要が高まるはずです。少しでも興味があるならチャレンジするべきですね。継続は力なり!

おしまいける。💁