自動運転で事故った場合は誰が責任を取るのか【近い将来の話】

自動運転で事故った場合は誰が責任を取るのか【近い将来の話】 LIFE
スポンサーリンク

今テレビのニュースなどを見てみると、「自動運転」という言葉をよく聞くようになりました。

最近はお年寄りなどの事故が多発しているので、自動運転になることで事故が減るという希望がありますよね。

ソフトバンクとトヨタが手を組んで、2020年に向けて自動運転の実現化を急いでいます。

自動運転が普及することで世の中は確実に便利になると思いますが、1つ心配なことがありますよね。

「自動運転で事故を起こした場合、誰が責任を取るの?」という問題です。

自動運転での事故は世界中で起こっている

あまりニュースなどで取り上げられていませんが、世界中で自動運転の事故は起きています。

例を上げればこんな感じ⬇

  • 自動運転の電車がいきなり逆走(横浜市)
  • 自動運転による死亡事故(アメリカ)
  • 自動運転のシャトルバスが接触事故(ラスベガス)

まだ試乗段階なので事故は少ないですが、これから本格化していくことで、自動運転の事故は確実に増えていくと思います。

自動運転でもハンドルを握らないといけない矛盾

上記で説明したアメリカので死亡事故は、乗っている人がハンドルを握らず、よそ見していたせいで起きたと言われています。

やはりコンピュータも完璧ではないので、事故りそうな重要な場面では、人間が車を操作しなくてはいけないみたいです。

しかしよく考えてみるとおかしな話ですよね。

  • 自動運転でも全てをコンピュータに任せるのはダメ。
  • ハンドルを握って集中してないと事故る場合がある。
  • でも自動運転だから、普通の車より値段が高い。

⬆いやいやいや笑、これ自動運転の意味ありますか?どうせハンドルを握って集中しないといけないなら、自分で運転しても変わらないでしょ笑。

自動運転で事故った場合、必ず自分が責任を取ることになる

普通に考えて、自動運転で事故った場合は全て自分の責任になると思います。

製造している会社が責任を取るとしたら、世界中で起こっている事故の責任を取ることになります。こんなことは絶対に無理ですよね。

保険や法律の場合も、自動運転は最新の技術なので対応してくれるか分かりません。

つまり自己責任ということです。コンピューターで自動で運転していたとしても、全て自分が悪いことになってしまいます。

いや~恐ろしいですね笑。これならまだ自分で運転したほうが100倍はマシだと思います。

自動運転の車を買うということは、「間違って人を殺して殺人者になるけど覚悟があるの?」ってことです。

機械が人間を殺す時代、自動運転が普及した世の中はある意味恐怖ですね。