加湿器で部屋中がカビまみれになった話【長時間の使用は注意】

加湿器で部屋中がカビまみれになった話【長時間の使用は注意】 LIFE
スポンサーリンク

この記事では、「加湿器の長時間使用とカビの話」を紹介します。

みなさんは部屋が乾燥している時に加湿器を使うと思います。

私も一時期、部屋の乾燥を異常なまでに気にしている時期があって、24時間加湿器を付けっぱなしにしている時がありました。

まぁ結果から言うと、部屋中がカビまみれになりましたね笑。

今回はそんなお話。

加湿器の強弱レベルを最強で使用していた

どの種類の加湿器にも「弱」「中」「強」などの切り替えをするボタンがあると思います。

それを私は「強」にしてずっと使っていました。

そしたら水蒸気が面白いぐらい出るんですよね。まるで滝の近くにいるみたいな感じ。

しかも私の部屋は6畳しかないのに10畳用の加湿器を使っていました。

そりゃあたくさん水蒸気が出るわけですね。今思い返してみればバカなことをしたと思います。

床が水滴でべちょべちょ笑

部屋の広さに合っていない加湿器を「強」で3時間ほど使っていたら、ある異変に気が付きました。

部屋の床が尋常じゃないぐらいベチャベチャになっているのです。

本当に冗談抜きでベタベタで、まるで田んぼの中を歩いているみたいでした。

そんな状態でも私は、「まぁ部屋に水分が多いほうが乾燥しなくていいんじゃね?」と軽く思っていました。

そして濡れている床を雑巾で軽く拭くぐらいで基本は放置していました。

そんな状態を3日続けた結果…

上記のような生活を3日続けたある日、部屋にある異変を感じました。

普段寝ている布団の側面がうっすら黒くなっているんですよね。しかも部屋を見渡してみると、なんだか部屋中がうっすら黒くなってきてるし…

私は慌てて布団をひっくり返してみるとあらビックリ、

布団の裏側全体がまるで墨汁をこぼしたかのように真っ黒になっているのです笑。

しかも恐る恐る本棚の裏や冷蔵庫の裏を見てみると、そちらにも墨汁をこぼしたかのようなカビ群がいました。

たった3日で完全に私の部屋はカビに占領されていたのです。

まとめ

今回の教訓から言えることは以下の3つですね。

  • 部屋の広さに合った加湿器を使うべし。
  • 様子を見ながら加湿器を使うのが吉。部屋がベタベタになるなら使うのを中断する。
  • 調子に乗って加湿器を使うと痛い目にあう。

おしまい。