亀に適切な水温とは?【決まりはないけど目安はある】

亀に適切な水温とは?【決まりはないけど目安はある】ペット
スポンサーリンク
さる男
さる男

亀を飼っているんだけど、水温ってどれぐらいにすればいいの?何度までとかって目安はあるの?

⬆このような疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、亀を飼育して15年ほど。今までに亀の水温を試行錯誤して、適切な温度を発見しました。

そんな私が、亀の水温の具体的な目安について解説していきます。

1分で読めますお。💁

亀に適切な水温とは?【決まりはないけど目安はある】

亀に適切な水温とは?【決まりはないけど目安はある】

まず結論からいうと、亀の水温は15~25℃程度にすればOKです。

少しぬるいという感じが一番いい温度

水温は15~25℃という温度は、手で触ってみると分かりますが、「少しぬるい、少し温かい」という感じです。

逆にこれ以上の温度でも、これ以下の温度でもダメということですね。

亀は変温動物、水温で体温が変化する

亀は変温動物という生き物です。
これは周りの温度に合わせて、自分の体温も変化させるという特徴ですね。

水温が低すぎると亀も一緒に体温が下がるので、身体は冬と勘違いしてあまりエサを食べなくなります。

逆に水温が暑すぎると、体温も上がりすぎて身体に良くないです。

一番いいのは、ぬるいという15~25℃ぐらいの温度ということですね。

補足:夏場は少しぐらい冷たくてもOK

夏場だけ限定で、少しぐらい水温が冷たくても大丈夫です。
これは夏場は気温が高いので、ぬるい水を入れてもすぐに温まってしまうからですね。

なら最初から少し冷たい水を入れといて、水が熱くなるまでの時間を稼ごうという作戦です。

水温の目安としては、「ぬるい寄りの冷たい」という感じにすればOK。

亀の水温の変化を見抜く方法

亀の水温の変化を見抜く方法

亀の水槽にぬるい水を入れたとしても、時間が経てば水温が変化して適切ではなくなってきます。

そういうときは、どのような方法で水温の変化を見抜けばいいのでしょうか?

亀が暴れだす

亀が暴れるということは、なにかストレスを感じることがあるということです。

水が汚い・お腹が減った・運動をしたい、などなど例を上げれば切りがないですが、その中に水温が適切ではない場合が含まれています。詳しくは下記の記事でまとめているので、そちらをどうぞ。
» 参考:亀がたまに暴れるけどなんで?原因と正しい対処法を紹介

水温計を使うのもおすすめ

created by Rinker
ニッソー
¥340(2019/11/19 23:40:01時点 Amazon調べ-詳細)

亀の水温を調べる方法として一番適切で便利なのが、水温計を使うことですね。

水温計にゴムが付いているので、水槽のはじにでも付けておけば、いつでも水温の変化を見ることができます。

一つ買えば何年も使い続けることができるので、かなりコスパがいいです。

補足:亀の水に関するほかの疑問

亀の水換え、カルキ、汲み置き水などの疑問は、亀の水換えについての記事!頻度や水の種類について解説に書いています。

また、亀の冬の時期の水換えや世話については、亀の冬の過ごし方について【春がくるまでの世話の方法】で詳しく解説しています。合わせて読んでみると尚良いですね。

亀に関するさまざまな疑問

上記で説明した亀の水温以外にも、亀に関する疑問はまだたくさんあるとおもいます。

エサ・ストレス・病気などなど、例を上げたらきりがないですね。それらは下記の記事でまとめているので、そちらをどうぞ。
» 参考:亀の飼育方法の全て。飼育歴15年の集大成です【永久保存版】

まとめ

まとめ

それでは本記事のポイントをまとめます。

  • 亀の水温は15~25℃の「少しぬるいが少し温かい」という感じがベスト
  • 夏場は最初から少し冷たい水を入れて、水が温まるまでの時間稼ぎをするやり方もある
  • 亀が暴れだすなどの行動をよくチェックして、水温の変化を見抜く。場合によっては水温計を使うのもアリ。

亀の水温はホントに大事で、夏場は水が暑くなりすぎて亀がぐったりしたりする事があります。

こまめに水温のチェックをしながら、亀を飼うようにしましょうね。

おしまい。💁