亀の陸地は「レンガ」がおすすめの理由【実体験】

亀の陸地はレンガが一番という話【壊れないで一生使える】 ペット

みなさんは亀の飼育で陸地などは何を使っていますか?

「市販の浮島」や「手作りで作った陸地」などが考えられますが、亀の陸地で一番適しているのは「レンガ」と断言できます。

私は亀を15年飼ってきて、数々の陸地を試してきた経験があります。それでもレンガが一番と断言できるんですよね。

今回はそんなお話。

亀の陸地は「レンガ」がおすすめの理由【実体験】

まず亀の陸地でレンガを使うメリットとして、以下の4つが考えられます。

  1. 丈夫すぎて壊れる心配がない。
  2. 価格が安すぎる。
  3. ちょうど水槽の水の量と大きさが合う。
  4. 子ガメから大人の亀まで使える。

それでは順番に説明しますね。

丈夫すぎて壊れる心配がない

レンガの一番のメリットとして、頑丈というのがあります。

少し高いところから落としても壊れることもないし、ましてや亀の飼育でレンガが壊れるというシーンはまずに起きません。

「丈夫で壊れない=長く使える」ということなので、レンガを一つ買っておけば亀の陸地問題は解決です。

価格が安すぎる

レンガは一つ、200~300円程度とかなり安いです。

市販で亀の浮島などを買うと一つ600円~800円程度もするのに、「プラスチックで壊れやすい」「気がつくと浮島がひっくり返る」ということも…

レンガの場合は1つ買えばずっと使える、しかも安い。得しかないですね。

ちょうど水槽の水の量と大きさが合う

レンガの大きさはちょうど、亀の水槽の水の量とピッタリ合うんですよね。

陸地が小さければ水に浸かってしまうし、大きすぎたら今度は亀が登れなくなる…。

レンガはちょうどこの中間の大きさなので、亀の陸地としてはかなり優秀ですね。

関連記事:亀が溺れる?最適な水の量とは【飼育歴15年の私が解説】

子ガメから大人の亀まで使える

市販の浮島などは亀が大きくなるとサイズが合わなくなるので、ずっと使うことはできないです。

しかしレンガの場合は元からかなり大きいので、子ガメから大人の亀まで末永く使うことが可能です。

いや~、レンガ最強じゃないですか笑?

私が実際に使っているレンガはこちら

亀とレンガ

このレンガはホームセンターで200円程度で買ってきたやつです。

普通のレンガより2倍ぐらい大きいので、花壇や畑などで使う用かもしれませんが、亀の陸地に使うのに何も問題ないです。

考えてみるともう5年ぐらい使っていますね。頑丈すぎて壊れる心配もないし、汚れたらタワシで擦るだけでOK。

これで200円だからコスパ最強すぎませんか笑?

まとめ

それでは本記事の内容をまとめますね。

  1. 亀の飼育にレンガを使うメリット
  2. 丈夫すぎて壊れる心配がない。
  3. 価格が安すぎる。(200円程度でコスパ最強)
  4. ちょうど水槽の水の量と大きさが合う。
  5. 子ガメから大人の亀まで使える。(万能)

 

さる男
さる男

レンガ最強やね!今日から浮島をゴミ箱に捨ててレンガに乗り換えるわ!

かめ男
かめ男

うむ。亀の陸地に悩んだら、とりあえずレンガにすれば間違いないですね。