亀がかわいい?そんなの当たり前すぎる件について

亀はかわいい ペット
スポンサーリンク

この記事の内容はこんな感じです。

  • 亀のかわいい所を余すところなく伝える
  • 亀が好きな人が、もっと亀を好きになる
  • 記事を読んでくうちに亀を飼いたくなる

こんな内容です。

この記事を書いている私は、亀を飼育して15年のベテランです。
毎日亀を大切に世話をして、かわいがりながら育ててきたので、亀のことならほとんど知っています。

そこで当記事では、私が日頃亀を飼っていて、「この場面がかわいすぎる!」と思ったことを紹介していきます。

3分で読める内容なので、少しお付き合いください。

亀がかわいい?そんなの当たり前すぎる件について

私は小学生のころから亀を飼っていて、もう15年は一緒にいます。
亀を水槽から出してあげると、決まって私のところに来て、ちょんちょん私の手にアタマをこすりつけてきます。甘えん坊です。

「いや、まさか!爬虫類が甘えるなんて聞いたことないよー」と思うかもしれませんが、実際にものすんごい甘えてきます。

私が移動すると亀をついてきますし、私が仰向けで寝ていると、お腹の上に亀が乗ってきて一緒に寝たりしています。いやいや、甘えすぎでしょ~笑

新しい物が好きな亀ちゃん

私が亀を水槽から出してあげると、決まって部屋の周りをきょろきょろ見ています。

そして部屋に今までなかった新しい物があると、近くまでよって、興味津々に観察していますね。
「なにこれ~?また何か買ったの~?」って感じでアタマをちょんちょんさせて様子を見たりしています。

これは作り話とかではなく、本当なんですよ。部屋にいままであった物には全然興味を示さないのに、新しい物があるときだけ近くによって観察しているんです。

亀って好奇心旺盛なんですよね笑

ストーブが好きな亀

冬の時期に亀を水槽から出してあげると、決まってストーブの前に行きます。
ただストーブの前で黙って温まっているのなら普通ですが、亀は違います。

手や足、首などの体のすべてを限界まで脱力させて温まっているのです。
ピーンと手足を伸ばして、首はくたっとさせて、「もう好きにしていいだよ!!」という感じで全力でだらけています。

亀からしたら普通に温まっているだけかもしれませんが、見ているこっちからしたら、すごく面白い格好です。

美食家の亀ちゃん

亀のエサは市販で売られているスティックのやつをあげています。
これを一回にたくさんあげてしまうと、亀が食べきてなくて、エサがふやけてしまうんですよね。

「ふーん、エサがふやけても食べるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、亀は意外と食べません。

あげたばかりの硬いエサのほうが好きらしく、ふやけたエサを一度は口には入れますが、「なにこれ!?まっず!」って感じで吐き出してしまいます。

亀は意外と食通なんですよね笑

まとめ:やっぱり亀ってかわいいわ

今回は、私が亀を飼っていて「ここがすごくかわいい!」と思うところを紹介しました。

亀のことをあまり知らない人からしたら、意外とビックリする内容だったかもしれません。
でも亀って、すごく甘えてくるし、好奇心旺盛で見ていて飽きない生き物です。

この記事を見て、少しでも亀のいろんな一面を知ってもらえたら嬉しいです。
おしまい。