仕事をくだらないと思ったら転職するべき理由【人生の無駄遣い】

仕事をくだらないと思ったら転職するべき理由【人生の無駄遣い】work
スポンサーリンク
さる男
さる男

いつも思うけど、仕事ってホントにくだらないわ。毎日嫌な作業を何時間も我慢しているのに、もらえる給料がこれだけって…。はぁ、どうすればいいんだろうか?

このような疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • 仕事をくだらないと思ったら転職するべき理由
  • 「仕事=つまらない」は間違い
  • 嫌な仕事から逃げるのは悪じゃない

現在の私は、くだらない仕事をやめて、自宅でのんびりブログを書きながら生活しています。
一旦仕事から離れてみると、いろんな視点から考えられるようになりました。

そんな背景のある私が意見を言っていきます。

仕事をくだらないと思ったら転職するべき理由

仕事をくだらないと思ったら転職するべき理由

ずばり言うと、くだらないと思いながら仕事をしていると、人生の98%は損をしています。

人生の7~8割は会社で過ごしている

ほとんどの人が仕事をするために最低でも会社に1日6~8時間はいると思います。家に帰っても数時間程度の自由な時間と寝る時間だけ。休日は疲れて昼まで寝ている…

つまり、人生のほぼ全てを会社で過ごしていると言っても言い過ぎではないのです。

それなのにくだらないと思いながら仕事をするのってどう思いますか?
せっかくの人生をムダにしていると思いませんか?

くだらない仕事をやめた結果

私は数年前まで超が付くほどのくだらない仕事をしていました。毎日同じような作業、刺激のない仕事、心を無にして働く日々。しかし今は自宅でブログを書きながら暮らしています。

結果からいうと、楽しすぎて発狂しそうですね笑。

毎日自分の好きなことをしながら暮らす生活というのは、人生を豊かにしてくれます。仕事で我慢だらけの生活って…、つまんないし大変なんですよね。

「でもお金のために仕方がない…」←チャンスです

「もちろん、楽しくてやりがいのある仕事のほうが100倍いいよ。でも自分には何も才能がないし、現状のお金のためにしかたがないんだよ…」

ほとんどの人がこう思うはずです。
しかし、こういう時ほど歯を食いしばって自分の好きな仕事を探すのが大事。

孫正義 「志」を高く持つことの大切さを若者に語る

詳しくは、孫正義さんが語っています。
要するにツライ時ほど自分を信じて頑張るということです。

「仕事=つまらない」は間違い

「仕事=つまらない」は間違い

「仕事=つまらない」という方程式は合っているのでしょうか?答えは間違いです。

その仕事が自分に合っていないだけ

もし「仕事=つまらない」という方程式が合っているのなら、世界中の人が嫌な顔をしてツラそうに仕事をしているはずです。

しかし世の中には、仕事が楽しすぎて笑顔で働いている人がいっぱいいます。
ようするに、仕事をの楽しいと思うか、つまらないと思うかは自分次第ということ。職業や業種は関係ないです。

営業が楽しすぎてヤバいという人もいれば、逆に営業だけはホントに無理という人もいます。感じ方は自分次第ですね。

楽しい仕事を見つける方法

自分が楽しいと思える仕事を探す方法は簡単。手当たりしだいに体験するだけです

いくら評判が良くても、自分が実際に働いてみると合わないと思うことはザラにあります。どう感じるかは自分次第なので、実際に働いてみるしか方法はないですよね。

嫌な仕事から逃げるのは悪じゃない

嫌な仕事から逃げるのは悪じゃない

結論からいうと、バックレてもOKということ。嫌な仕事を我慢して精神がおかしくなっては元も子もないですからね。

嫌な仕事を続けても未来はない

2019年の現在は、一つの会社を長く続けても意味がないです。

  • トヨタなどの大企業などでも大人数をリストラをしている
  • 年齢や勤続年数が増えても給料は変わらない
  • お金は減っていき、ストレスや不満だけが増える

何もメリットがないのに、嫌だと思う会社で働き続ける意味ってありますか?

いますぐ会社をやめる方法

仕事はバックレても大丈夫なのか?【バックレ経験者が語る】
さる男 仕事が辛すぎて明日から行くのが嫌すぎる。無断でバックレようと思ってるんだけど、これって大丈夫なの? このような疑問に答えていきます。 本記事の内容 仕事はバックレてもO...

詳しく上記の記事でまとめています。
本当にヤバいと思ったら逃げるのも一つの手です。

オススメの転職サイト3つ

転職サイトってたくさんありますが、どれを使っても大差ないです。
大手のサイトを使えばとりあえずOK、いくつか登録しましょう。

まずは行動です、行動しないと何も始まらないですからね。
そしてトライ&エラーを繰り返すこと。そうすれば自分にピッタリの仕事は必ず見つかります。