ブログをパクらてた時の圧倒的な対処法【パクリ野郎を絶対に許すな!】

ブログをパクらてた時の圧倒的な対処法【パクリ野郎を絶対に許すな!】blog
スポンサーリンク
さる男
怒りの猿

検索結果に自分の記事と瓜二つの記事が見つかった。せっかく苦労して記事を書いたのにパクられて悔しい!なにか対処法はないの?

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている私も、この前ブログの記事をパクられました。タイトルもほとんど同じ、記事の内容もニュアンスや順番を変えているだけで、99割同じという…。流石に笑っちゃいましたね。

この記事では、あなたの記事をパクった野郎を圧倒的までに懲らしめる方法を紹介しています。
ぜひ実践して、気分をスッキリさせましょう(゚∀゚)

ブログをパクらてた時の圧倒的な対処法【圧倒的な仕返し】

ブログをパクらてた時の圧倒的な対処法【圧倒的な仕返し】

まず結論からいうと以下の5つです。

  1. サイト運営者に連絡する
  2. Googleに削除依頼をする
  3. 無料ブログの運営会社に通報する
  4. ASPに通報する
  5. サーバー会社に通報する

それでは順番に解説していきますね。

方法①:サイト運営者に連絡する

まず初めは、パクったブログ運営者に連絡をしましょう。
ブログの上か下にお問合せフォームがあるので、そこからメールします。

ただし、うまくいかないことが多いです。そもそもが人の記事を無断転載しているような悪質な野郎なので、素直に応じるわけもないですよね。

中にはしらばくれたり、いくら連絡をしても無視する人もいます。そういう場合は、方法②に移行します。

方法②:Googleに削除依頼をする

著作権侵害の削除からGoogleに通報することができます。
これはGoogleに相手のパクリ行為をチクって、検索結果から相手の記事を抹消する行為です。

必要事項はたくさんありますが、大事なのは以下の3つです。

Google削除依頼

1番目にパクられた内容を書く。2番目に自分のブログURLを書く。3番目にパクリ野郎のURLを書く。もし最後に自分のURLを記入すると、自分で自分を通報することになるので注意。

それと、パクられた内容は事細かに書くのが重要。ここを適当に書いてしまうと、情報不足でうまく内容が伝わななくなります。ただし、500文字という文字制限もあるので、書き過ぎも注意。

削除完了までの目安は数時間~2週間

私は何度かGoogleに削除依頼をしたことがありますが、削除が完了するまでに遅くても2週間ほど。早い時は申告して5時間後には完了していた時もありました。

ちなみに進行状態については、ダッシュボードで現在の状態を見ることができます。

方法③:無料ブログの運営会社に通報する

パクリ相手のブログが「はてなブログ」や「ライブドアブログ」の場合は、運営会社に通報しましょう。そのほうが本人に連絡するよりもダメージがあります笑。

以下が無料ブログの通報窓口です。

WordPressへの通報は少し面倒

このページからWordPressの会社に通報はできますが、全て英語で書かれています。しかも通報内容も英語で書かないといけないので、少し面倒。

そういう場合は、方法④を実践するのがおすすめ。ブログ自体は消せないけど、半殺しの状態で生きたまま苦痛を与える方法です笑。

方法④:ASPに通報する

ASPに通報することで、相手の収入源を全てなくすことができます。

ブログをパクる理由のほとんどがお金目当て。つまり収入源を止めるということは、相手にとって一番つらいこと。

ちなみに、一度通報があって収入が止まってしまうと、もう二度と復帰することはありません。普通に考えて、他人の記事を無断転載してた人を信用できるわけ無いですからね。

以下が各ASPの通報窓口です。どんどんチクりましょうw。

方法⑤:サーバー会社に通報する

サーバー会社に通報すると、パクった人のブログを消すことができます。ただし通報するには、面倒な書類や証拠を集めないといけないので、少し上級者向けです。

やり方などは以下の記事で事細かく解説してあります。通報する時の書類のテンプレート的なのもあるので、面倒な手間も省けます。

ブログをパクリ・コピーされたときはDMCAではなく「著作物等の送信を防止する措置の申出」を | 真剣出会いブログ
ブログをパクリ・コピーされたときの対処方法です。GoogleのDMCAでインデックス削除依頼を申請するのがメジャーですが、本記事ではサーバー会社に「著作物等の送信を防止する措置の申出」を提出して解決します。少しですが「発信者情報開示請求」にも言及しています。

ただし、サーバー会社に通報しなくても、上記で解説した5つの方法をすれば、ほぼ瀕死の状態まで追い込むことができます。サーバー会社の通報は、パクリ野郎のブログをこの世から葬り去りたい人向けですね。

まとめ

まとめ

今回はブログパクリ野郎を、圧倒的なまでに瀕死に追い込む方法を解説しました。
まとめると以下のとおりです。

  1. 肩慣らしにブログ運営者に連絡してみる
  2. Googleにチクって、検索結果から抹消させる
  3. ASPの会社にチクって収入源を根こそぎ奪う
  4. 最後はサーバー会社にチクって、THE END!

とりあえずこんな感じですわ笑。

私のブログをパクった人、この記事読んでる笑?せっかく書いた記事を全て消されてどんな気持ち?少ない収入源を全て奪われてどんな気持ち?ブログのネタにされてどんな気持ち?笑

おしまい(゚∀゚)アヒャ