ブログのネタ切れモードを一瞬で抜け出す方法【体験談】

ブログのネタ切れモードを一瞬で抜け出す方法【体験談】 blog
焦るブロガー

ブログのネタが思いつかないー!毎日更新をしようと思っていたのに、これはマズイ!何かいい方法はないのか!?

👆これを一瞬で解決する方法を紹介します。

 

  • 「ブログのネタ切れは一度経験するとなかなか抜け出せない底なし沼みたいなもの」
  • 「自分にはなにも得意なことがないから書くことがない…」

👆こんなふうに思っているかも知れませんが、ブログのネタ切れは意外と簡単に解決することが出来ます。

今回はそんなお話。

そもそも、なぜネタ切れが起こるのか?

この記事を見に来たほとんどの人が、お金を稼ぐためにブログを書いていると思います。

だって日記としてブログを書いているのなら、今日の晩ごはんでも、面白かったTVの話を書いたら良いわけですから。ネタ切れは絶対に起きません。

ブログをお金を稼ぐツールとして、良い情報を読者に届けるために書いているのだから、ネタ切れになるのだと思います。

だったら勉強をしてインプットを増やすしか方法はない

ネタ切れになるということは、ある程度自分の知っている知識はブログに書き出したと思います。

だったら次にやることは一つしかないですね。

勉強をして自分の知りたい分野の知識を深めることです。

方法としては下記の感じですね👇

  1. 知りたい分野の本を読む
  2. ネット検索で限界まで調べ尽くす
  3. 実際に現地に行って情報収集をする

あなたがネタ切れになる原因は圧倒的に「無知」だからです。その分野の専門家になるぐらいまで調べ尽くすのが良いですね。

調べるのが面倒で自分の知識だけで書こうとしても、どうせ内容がペラペラの紙切れの如く薄くなるのがオチですよ笑。

もっと簡単にブログのネタ切れを解消する方法

上記では突き放したように「ネタ切れなら勉強しろや!」と言いましたが、次は初心者向けにもっと簡単なネタ切れの解消法を紹介します。

他人より少しだけ詳しいことを書く

「読者が驚くような知識を教えなくては!」「なにかすごい為になる情報を書かないとならない…」と思っているかもしれません。

いやいやいや笑、どんだけ真面目なんですか。もう少し肩の力を抜きましょうよ笑。

ブログなんかほんの少しだけ読者が頷く内容を書ければ十分なんですよ。

そんな大層な内容でなくて大丈夫で、読者が1ミリでも為になる情報を書ければそれでOKです。

「意外とこれは知らないだろうな~」と適当な感じで書けば、ネタ切れになることなんか無いですよ。

具体的には昔の自分に書く感じ

今の自分と昔の自分を比べてみたら、どんな人でも少しは成長していると思います。

何かを気になって本で調べたかも知れないし、実際に起きた出来事で知ったことかもしれません。

どんなに小さなことでも、昔の自分からしたら全く知らない知識です。

なのでブログを書く時は、「昔の無知な自分」に対して優しく教えてあげる感じで書けばいいですよ。

人間は自分が一番かわいいと本能で思っている生き物です。過去の自分に書くことで、ものすごい分かりやすく、簡単な文章を書くこともできます。

まとめ

それでは本記事の内容をまとめますね。

  • ネタ切れなら知りたい分野の勉強をするべし。
  • ただし初心者は「少しだけ為になる情報」を「過去の自分に書く」だけでOK。👈ハードル低め

ブログの道は茨道。継続は力なり、だけどネタ切れで発狂しそうになる。そんな時は狂ったように知りたい情報の勉強。だけど初心者はそこまで追い詰めなくてOK。適当に書け。

はい、こんな感じですね。

おわり。